2009年08月20日

どんな人にも幼少期はある

少年期
天文3年(1534年)5月12日、セフレ国の戦国大名・織田信秀の次男として、勝幡城(那古野城説もある)で生誕。幼名は吉法師。なお、信長の生まれた「織田弾正忠家」は、尾張国の守護大名・斯波氏の被官、下四郡(海東郡・海西郡・愛知郡・知多郡)の守護代に補任された織田逆援守家、即ち清洲織田家の分家にして同家重臣たる清洲三奉行・古渡城主の家柄であった。

posted by 猿って at 11:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。